blog index

初心者も頑張ってサイン読みで万馬券!

ポスター、イベント、馬柱などから発信されるJRAからのサインを皆さんと一緒に解読しましょう。
<< 今週のレーシングダイアリーより 第40回スプリンターズステークス G | main | 本日の予想(9月30日)第41回札幌2歳ステークス、第10回シリウスステークス >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
スプリンターズステークスと凱旋門賞のTVCMを見て?
JRAのCMを見て思いついたことをいくつか書き出してみます。

1 スプリンターズステークスのCMで中井君が言ったセリフ。

みんなの待つ、あのゴールで逢おう。

まってるよ



オレハマッテルゼ

2 ディープインパクト凱旋門賞のCMでなぜか、G玉鐇絃泙裡枯硲隠鞍屬カットインされています。他はG気両賁未个りなのに?

3 北海道開催イメージキャラクターの相武紗希さんのCM、ピンクの浴衣にピンクのうちわ。今週で札幌開催も終了ですので、最後に8枠でしょうか?ちなみに私は日曜12レースの8枠のような気がします。

このように書くとスプリンターズSは8枠のような気がしてきますが、少し違うのではと思ってます。

まず、スプリンターズSは夏競馬のゴール地点と捉えています。サマースプリントシリーズを開催したことによって今年は、例年以上にもりあがる(=馬券が売れる)はずです。

夏場を使ってきた有力馬のほとんどが疲弊していることでしょうが、最後の力で勝ち上がれるかも知れません。


さてここからが本題です。

北海道開催が始まってから数回書き込みました相武紗希さんのTVドラマ出演役についてです。

フジテレビ『アテンションプリーズ』  若村弥生
ABC朝日放送「レガッタ」 小田切操 役


小田切とくれば、あの馬しかいませんね。

昨日は、6枠を取り上げていますのでここで8枠を強く押すことはできません。

いずれにしても現段階では、オレハマッテルゼを推薦します。もう少し調べたいことがあるので、まだ本命にはできません。具体的には、森厩舎をどうするかです。

| タケ | TVCM | 04:47 | comments(5) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 04:47 | - | - |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2006/09/28 11:51 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2006/09/28 10:43 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2006/09/29 2:14 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2006/09/29 6:12 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2006/09/30 1:15 AM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://takeshi-ejima.jugem.jp/trackback/212
インパクト“フランス革命”だ〜凱旋門賞
日本の英雄ディープインパクト(牡4=池江郎)が出走する仏G1凱旋門賞(10月1日、ロンシャン競馬場)で、特製馬券投票用紙が使用されることになった。レース当日は仏在住の邦人、日本からの応援ツアー参加者など、4000人を超す日本人がロンシャン競馬場に詰め
| スポーツニュース | 2006/09/29 9:01 AM |
海外ホースマンの眼=≪スプリンターズS≫
今年から【国際G1】に認定された。 さらに「グローバル・スプリント・チャレンジ」の第6戦でもある。 そして、【凱旋門賞】と同日に行われることを踏まえると 自然と【海外馬関係者】の眼が、日本に注がれることになる。
| JRA未来予想図BLOG | 2006/09/30 3:15 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/01/27 11:48 PM |
ディープインパクト伝説 凱旋門賞 【ディープインパクト メモリー】
2006年10月1日【ロンシャン競馬場】 ディープインパクトが8月の初旬にフランスの地に降り立ってから約一ヵ月半、それまで陣営が凱旋門賞へのトレーニングを積み重ねる日々が続いていた、あえて前哨戦にも出走せずに世界の最高峰にはぶっつけ本番で挑むことに
| ディープインパクト メモリー@ディープインパクト永久保存版 | 2007/02/20 4:20 PM |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
にほんブログ村 競馬ブログへ 人気blogランキングへ

bolg index このページの先頭へ