blog index

初心者も頑張ってサイン読みで万馬券!

ポスター、イベント、馬柱などから発信されるJRAからのサインを皆さんと一緒に解読しましょう。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
今週のレーシングダイアリーより 安田記念のサイン読み
実力主義の伝統に倣え。堂々たる速さと強さの誇示。

実力主義→今回のメンバーで1番実績のある馬と考えるとG毅馨,ダイワメジャー

伝統に倣え(ならえ)→中距離実績のある馬のことでしょうか?それとも香港馬?施行回数(伝統)の1番多いG機天皇賞馬ダイワメジャーと捉えました。

堂々いわゆるゾロ目、以前にもあったような記憶があります。

コンゴウリキシオーも堂々としたイメージがありますね。ただ今回は


ダイワメジャー 枠連1−1

以上を取り上げます。

にほんブログ村 競馬ブログへ

人気blogランキングへ
ブログランキング参加中です、ご協力おねがいします!
| タケ | レーシングダイアリー | 02:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
今週のレーシングダイアリーより 第67回桜花賞
第67回  桜花賞  GI [阪神競馬場・芝1600m]

あどけない笑顔に魅了される。桜の似合う女王は可憐。

今年の桜花賞はウオッカという圧倒的な存在がいますので無理な穴狙いは止めておこうと考えています。とりあえず今回はレーシングダイアリーから読取れる馬を取り上げてみることにします。

笑顔→エミーズスマイル

桜→サクラバクシンオー産駒のカノヤザクラ、ニシノチャーミー。ピンクカメオ(ピンク=桜色)

今回のレーダイからはどうしてもウオッカのイメージが思いつきません。ウオッカは鋭い切れ味の馬であって「あどけない」とか 「可憐」といった言葉が似合わないような気がするのですが?馬名から考えても自分には酒豪(豪快)のイメージになってしまいます。それでも勝ってしまうのでしょうが。


阪神コース改修に伴い出張馬房が非常に過ごしずらい場所になってしまったと聞いております。関東馬にとってますます厳しい戦いになってしまったようですが、頑張って欲しいものです。
| タケ | レーシングダイアリー | 03:29 | comments(3) | trackbacks(1) |
今週のレーシングダイアリーより(第24回フェブラリーステークス)
世界標準となる強さを知りたい。砂に夢を刻む如月の王者。

第24回  フェブラリーステークス  GI [東京競馬場・ダ1600m]

馬ではなく騎手、調教師にたとえて考えるとしたら?

世界標準→ペリエ騎手◎、武豊騎手○、ルメール騎手▲、森厩舎△、と言った所でしょうか。


なお、この組み合わせは予想印ではありません。あくまでレーダイのみから読んだものです。
| タケ | レーシングダイアリー | 01:35 | comments(2) | trackbacks(5) |
今週のレーシングダイアリーより

第57回  ダイヤモンドステークス G掘[東京競馬場・芝3400m]
第47回  きさらぎ賞(NHK賞)G掘[京都競馬場・芝1800m]


長距離走者の魂に学ぶ。屈強なる心身は栄光の道標。


今回のレーダイは長距離走者と使われていますのでダイヤモンドSの事ととらえまして話を進めていきます。

長距離走者→ステイヤー血統のリアルシャダイ産駒 グラスポジション
他にも種牡馬として天皇賞(春)を勝ったサクラローレル、菊花賞馬のマヤノトップガンの産駒なども出走しますので絞りきれません。

長距離走者を鉄道にたとえると、東海道本線は山陰本線、東北本線に並んで長いです。

言いたい事は長距離走者→東海道本線→トウカイトリック



| タケ | レーシングダイアリー | 08:24 | comments(3) | trackbacks(51) |
今週のレーシングダイアリーより
2/3 第41回  小倉大賞典 G掘[小倉競馬場・芝1800m]

2/4 第41回  共同通信杯(トキノミノル記念) G掘[東京競馬場・芝1800m]
2/4 第12回  シルクロードステークス G掘[京都競馬場・芝1200m]

強い気持ちが頂点に届く。未来を見据えた勇者の予言。

まず、このレーダイは今週行なわれる3重賞のうちで共同通信杯に当てはまると勝手に推測。

頂点→G機淵澄璽咫次砲了か、リーディングジョッキーの事なのか?それとも羽ある生物の王である鳳凰(フサイチホウオー)の事?

届く→ルメール騎手 ダジャレ的な発想です。

勇者の予言→武騎手のホームページの日記を見ましたが、当たりさわりの無いコメントでした。

「今週はニュービギニング、来週はきさらぎ賞のオーシャンエイプスと、クラシック候補たちに連続して騎乗できるのが楽しみで仕方ありません。」

きさらぎ賞の事もコメントしていますので、案外今週は自信が無いのかも知れません。

今回は一番人気でしょうが、共同通信杯のフサイチホウオーを取り上げます。

小倉大賞典はルメール騎手騎乗のマチカネオーラ
シルクロードSもルメール騎手騎乗のエイシンボーダン

ただし、小倉とシルクは今のところ◎候補であって◎ではありません。
特に小倉はJRA通算1500勝とJRA10場重賞制覇のかかっている蛯名騎手騎乗のエイシンドーバー(湯浅調教師 まもなく定年退職)に注目していますのでもう少し考えてみます。
| タケ | レーシングダイアリー | 02:52 | comments(2) | trackbacks(14) |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
にほんブログ村 競馬ブログへ 人気blogランキングへ

bolg index このページの先頭へ